看護師の勤務体制等の話

看護師の勤務シフトには、3交替制と2交替制があります。最近は2交替制を採用する医療機関が多いようですが、いずれにしても夜勤は体力的にきついもののようです。無理のないシフトを組むには、病院側で人材不足を改善する努力が欠かせません。待遇面でも、少しでも看護師の負担を減らすような工夫をしてもらいたいものです。

 

3交替制では、日勤が朝の8時頃から夕方の16〜17時、準夜勤が夕方の16〜17時から夜の23〜0時、深夜勤が夜の23〜0時から朝の8時といったシフトがとられています。勤務時間が2交替制より短いため、一勤務の体力は軽くなりますが、そのぶん日数が多くなるという問題が出てくるでしょう。

 

また、かなり不規則な勤務体系になり、生活リズムが不規則になって心身にこたえるという問題があります。
休みがとりにくかったり、自分の時間を作るのもままならないという不満を抱えた人も多いでしょう。

 

2交替制の場合は、日勤が朝の8〜9時から夕方の17〜18時、夜勤が夕方の17〜18時から翌朝の20〜21時くらいまでというスケジュールといったところです。一勤務の拘束時間が長くなるため、体力的に単純にきついという問題があります。

 

ただ、そのぶん生活リズムは整えやすいかもしれません。休みをとりやすいということも、あるでしょう。病院によっては、日勤のみ、夜勤のみといった求人を行っているところもあります。転職先を探すときには、勤務体制をしっかり考えて求人活動を行うようにしましょう。